タブレット導入をご検討中の官公庁・公共団体・自治体の皆様

公共・自治体・官公庁向けペーパーレス・ICTの実現ならクラウド型「moreNOTE」が断然オススメです!!

官公庁・自治体・各種公共団体はじめ、800社以上のお客様に導入効果を実感いただいています!

「タブレット」をお持ちでない場合でも…タブレット導入前の不安を解消
期間限定今なら、トライアル期間中、タブレットを無料でご用意します。
タブレット写真台数限定・先着順。7月10日まで!
「トライアル申込」ボタン
背景
「セミナー情報」ボタン 「資料請求」ボタン
販売パートナーと共に、全国どこでもサポート

サービス概要

moreNOTE (モアノート) は、各種タブレットやスマートフォンで、ドキュメントや動画・画像など、
サーバー上に一元管理したドキュメントを、どこでも手軽に共有できるサービスです。

システム構成図

こんなに変わった!導入事例

官公庁、自治体、各種公団体はじめ 650 社以上のお客様に導入効果を実感いただいています。

守谷市議会様

議会運営のペーパーレス化で議会を効率化!

《導入効果》

  1. 印刷コスト、配布コスト、手間の削減
  2. 会議の運用省力化、効率化
  3. 議会での意思決定のスピードアップ
議会進行および事前資料確認をペーパーレスで実施し、コスト軽減および会議の運用省力化、効率化を実現しています。 またmoreNOTEはWindowsタブレットでの利用が可能で且つセキュリティが万全であること、操作が簡単なことが選ばれた決め手となりました。

「市役所」イメージ


寒川町議会様

10万枚の議会資料を削減!
議員と事務局、議員と町民とのコミュニケーションもよりスムーズに

《導入効果》

  1. 議会の紙資料収集、配布、差し替えの手間が削減
  2. 動画や写真・カラーの電子会議資料による視認性の向上
  3. 議会運営も効率的に
議会で25人、執行部で23人がmoreNOTEを活用されています。
ペーパーレス会議の実施で資料作成・配布・差し替えの手間がなくなり、これにより議員と事務局の情報共有もスピードアップしました。

また、町民からの質問などにもmoreNOTEに格納した資料で、その場で簡潔に回答できるようになりました。

「寒川神社」


某インフラ会社様

施工現場は完全ペーパーレス!
moreNOTEでマニュアル閲覧&作業指示

《導入効果》

  1. 本部のマニュアルや設計図の印刷、FAXの送信コストがゼロに
  2. 突然の作業変更もペアリングで確実な作業指示が可能に
  3. 本部との認識のズレによる現場のミスが激減
  4. 作業報告もカメラアップロードでスピーディな報告が可能に
施工現場でのマニュアル閲覧や、設計書の確認でmoreNOTEをご活用されています。
シンプルな操作性でITリテラシーも不要なため、現場への導入もスムーズで、好評いただいています。

突然の作業変更にも、タブレットの画面共有ができる「ペアリング」機能で、本部から現場へ離れていても確実に情報伝達。 タブレットで設計書を閲覧中、作業指示を手書きでマーキングすることで、認識のズレがなくなりました。

「インフラ会社」イメージ


某国立大学様

研究室での情報共有サーバーとして
機密性の高い情報を格納!

《導入効果》

  1. 印刷コスト、配布コスト、手間の削減
  2. 会議運営がスムーズに、会議時間の短縮
  3. 資料紛失リスクの低減

教授会、研究室のための情報共有ツールとしてご活用頂いています。
今まで発生していた「プリントアウトして製本する手間」がペーパーレスによりゼロになりました。

学外での発表会や参加時も、鞄の中の重たい紙束がタブレットひとつで済み、紛失時にはタブレット内の情報の遠隔削除もできるので、情報漏えい防止にも役立っています。

「国立大学」イメージ



moreNOTE が選ばれている 3 つの理由


第1項目

資料共有の "あらゆる手間" を軽減

例えば会議シーンでは、資料データをワンクリックでmoreNOTEに格納するだけで準備完了。 ペーパーレス化により印刷やホチキス、後片付けもすべてが不要です。
会議直前の資料の差し替えも即時可能で、人的の負担・コストを大幅に軽減します。

「ペーパーレス」イメージ


第2項目

資料を電子管理し "セキュリティ" を向上

紙だと紛失したかどうかも調べたり回収したりするためには非常に時間がかかりますが、 moreNOTE なら、操作ログや遠隔消去を使って一瞬です。
クラウドサーバーは実績ある当社の「国内データセンター」を利用して、高品質・安心・安全なサービスをご提供します。

「セキュリティ向上」イメージ


第3項目

離れていても "画面共有" で確実に情報伝達

直接合わずに、メールや電話でおこなう情報共有は難しいもの。 しかし、タブレットの画面を他人と共有する「ペアリング」機能を使えば、離れていても同じページを確認できるから、分かる・伝わる。 手書き機能で更に分かりやすく。写真もその場で共有。 もうワークスタイルは場所の制限を受けません。

画面共有機能「ペアリング」イメージ


だからmoreNOTEが選ばれています。